タイバンコク思ひ出の日々 menthol

タイ、バンコク旅行の思ひ出を綴ります。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲▲▲『彼女との別れ』▲▲▲『ずっこけたい旅行記』番外編

Category: おもひで旅行記  
やっとこさ来たブログ村タイナイトライフ5
位!!!
きびしーーーー!!!

タイ人ぱっつん写真でっす!

ああ、はいはい!!
わかってますよ、
質が落ちてるんでしょ?

もう、皆さん、厳しいなぁ、、


ぱっつん










素人画像ファンの方、このブログは毎回アップ目指してます。

女子大生








ランキング復活するように文章ぜーーんぶ訂正したぜ!!すんげーー疲れたけどさ。。

↓現在5位どす!!応援、本当によろしくお願いします!(前回と打って変わって低姿勢)どうぞ!なにとぞ!よろしくおねがいたします。
1回ぽちしてくれたらなんと10ポイント加算されて、3人くらいの方がぽちしてくれて一気に順位入れ替わっちゃったりします。よろしくです!!



にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



Thai:Po 始めました。タイ好きのためのSNS。ブログの他にmaomao日記も公開中
お友達になってね (ハァト

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://thaipo.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=474






カワ

GWは仕事なんで、4月23日から29日まで行ってきます。MPでたまにディープキス拒む子いますね。なんか醒めてしまいます。ゴーゴーの子は何でもOKな気がします。
アムスは好きでかなり行ってます。一番好きかも。



カワさんコメありがとうございます。

ですね~、、
まぁ、それでもぼきは突進しますけどね、、、wwwww
相当きらわれるけど、、

アムスの変わり様には驚きましたよ、、、
以前のようなゴージャスさが完全になくなりましたね、、
でも、ここ、飯食べるにはなぜか、落ち着くつくりなんですよ、、ほんとに、、。




やま

maoさんだけじゃなくてFuji-さんまでそんな風に遊んでいたとは。
全然知らなんだ・・・トホホ。
けどmaoさんの選んだ娘、可愛いなぁ。当日は相当気が滅入ってた
ので、皆さんが選んだ娘をチェック出来る心の余裕が無かったので。

しかしまあ、この分だと出禁も近いかな(汗)。





やまさんコメありがとうございます。

やっぱ出禁っすか、、、これ、、迷惑かけちゃいますね、、まじで、、
ちょっとやりすぎてましたよね、、確実に、、。

あいつら、どこぞの太い客やねん!!てな目で見られてるのひしひしと感じてましたよ。

まぁ、実際やまさんが太い客だから間違ってはいないんですけどね。
でも、、、

でも、、、

でもぉ!!

またつれてってくださいね。てへ。





shu

あの時は、舞妓で絶好調になっており

  
 お騒がせ致しまして申し訳ありませんでした。
   (^^ゞ
 
 ランキング No,1も時間の問題ですね!


 更新 楽しみにしております。





shuさんコメありがとうございます。

いやいやいやいや、、、
お騒がせなんてとんでもないですよっ!

まじで楽しませていただきましたから。

また、バンコクで一緒に遊んでくださいね。

次回はあのカーウボーイハットのコスプレバーにいきましょうか。





やま

maoさん、4位まで来てまっせ。えらいこっちゃ。
表彰台が見えてきました。次回からはパタヤ戦線ネタともなれば、益々
ポイントゲット間違いなし!しかも○Pネタともくればアクセス数記録の
更新も狙えるかも(笑)。

ネタが無くなったらタイ語学習記録をエントリーするのも良いかもしませ
んね。読者の皆さんの勉強にもなるし(謎笑)。






やまさんコメありがとうございます。

タイ語学習記録っすか!?!?!?!

できるかなぁ、、。

じゃ、せっかくですから、やまさんお願いしますよ!!!

やまさんのコーナー作りますから!

例えば、




『服着たままでお願いします!!』とかね

ブログのこのフレーズ、毎日誰かが、コピペしてますから、、まじで、、
みんな知りたいんでしょうね。


あと、俺が知りたいのは、




『もっとつばを含んでなめてください。』

『あなたはパイズリできますか?』

これですね!wwwwwww

大先生、お願いしますよ!













まず、本題の内容に入る前にお詫び、、



タイでご一緒させていただいた皆様、『彼女はリリースしてやりましたよ~!』なんて強がってました。申し訳ありません、、、、、(悲)

まぁ、いろいろありまして、、

あとtakaさん、、あの時、カラオケ来るの遅れて、さんざんtakaさんのせいにして夜も中途半端に付き合えず、すみません、以下の状況でしたので、takaさんが悪いわけじゃなかったんですよ、、いや、ほんと、、お恥ずかしいかぎりで、、、、、








『彼女との別れ。』












結局一番の大きな原因は自分の仕事の忙しさから電話怠ったことからきていると思う。

2ヶ月いや3ヶ月近く電話ができなかった

もっとも毎日と言う意味だ。








その間、彼女は毎日さびしい思いをしていたのだと言う

そんなことを言われたのは、俺がタイに来て3日目の12月28日







たしかに、、、






おれは毎日なれない仕事に疲れがでていて

家に帰ってきても電話をする気になれず

チャットもできたことだが

そんなことも煩わしくなっていた。

原因は俺だとすれば

彼女が新しい男ができても

文句はいえないということか。

まったく俺はいつまでたっても成長できないでいる。








恋人同士が分かれるタイミング、、、、
特に遠距離は自然消滅が圧倒的に多いだろう。


タイ人と日本人のように物理的な距離に、文化の違いなどの精神的な距離も伴えば、いっそう、その理由が多い。


しかし、俺はその意味以上に成長できていない人間、、、。


彼女と丸1年続いたのだって奇跡と言えばそうかもしれない。

いや、相当我慢をしてくれていたに違いない。





『Hello 君は○○のEx boyfriendかい?できれば君と話をしたいんだけど、、どこでもいいので会えないかな。』







大晦日を明日に向かえた30日、夜中11時、いきなり、彼女の携帯番号から電話が鳴った。







『何の話だい?』






『いや、実は彼女が毎日君の事を思い出して泣いている、、本当に辛そうにしているんだ、、。君がどんな人だったのかを確かめたくて、、できれば、食事しながらでも話せないか。』










まさしく、典型的なヨーロッパ人。




俺は、極東の島国の人間であって、彼女の前彼と仲良くしたりすることができるような習慣に慣れていない。






しかし、13も下の青年の話を無碍に断ると、肝っ玉の小さい人種などと思われても本意ではないので受諾した。



場所は俺が指定した、少し静かに酒を飲めるバー。


マスターと言える人なのか、近くの屋台なんかで酒のちょっとしたつまみなんかも、言えば、持ってきてくれるとてもフレンドリーな場所である。


待ち合わせ時間より1時間も先に来て、窓際の席に腰をつけ、通り過ぎる人々を眺める。





どうも、今日はビールを飲む気にならない。





ビールと言うのは、のどの渇きが絶頂に達し、気が高揚している時に飲むと本当においしいものだ。まさに、乾杯する時にうってつけのアルコールなのである。





今日はそんな日と違う。





ちょっとかわいい20歳そこそこのイサーンから来たように見えるウエイトレスに、
マリブとトニックウォーター、アイスを別々に注文する。




彼女はタイ人独特のさわやかな笑顔で答える。



これからのことを考えただけでも、『憂鬱』と思われる空気を少しだけ柔らかくしてくれた
彼女が、オーダーをしにカウンターへ向かう姿を眼で追い、すぐに目線を窓に戻す。









俺は今から来るであろう青年を頭の中で想像していた。







Tシャツ、短パンで少し腹が出、本国に帰ってもパッとせず、バンコクにいるだけで、モテた気になっている勘違い野郎だとしたら、、、、、、、、、、、、ん?それは俺か? 笑












テーブルに置かれたマリブの入ったグラスにアイスをいっぱいに入れ、トニックウォータを注ぐ、シュワっとした爽快な音と共に、頼んでもいないのにサービスでつけてくれたのだろう、ライムの香りが鼻に届く。





まずは、口の中を爽快に、そして少し甘くしておく必要がある。




そして、待ち合わせの時間より少し前に、現れた。










その彼ではない、、












彼女本人である。













その姿は今まで見たことのないような変わり様だった。

今まで、酒を飲んだことは見たことがない。もともと酒もタバコも大嫌い。

人が飲んでるお酒まで取り上げちゃう子が

今日はあきらかにひどく酔っている。













「あ、、あの、、き、聞いたんだけど、今日ここで待ち合わせてるの?」




「ああ、そうだよ。彼から電話がきた。」




「maomaoは何を話すつもりなの?、、、、、あの、、、、、、、」





「何を心配してる?俺は君との事を何も話すつもりはない。

ただ、自分の思っていることを彼に話そうと思う。いままで自分はどういう気持ちで君と接していたとこかね。」










「あ、そういう意味じゃなくて、、、うん、、。ごめん、、、。本当にごめん、、。」





大きな瞳からぽろぽろと大粒の涙が彼女の頬をつたう。

嗚咽を出しながら手で口をふさいで、必至に声を出さないようにこらえている彼女を見ると、抱きしめたくなった、、、。










「心配しないで、もう、家に戻ってよ、彼は俺を呼び出したのは2人で話したいからだろ?ほら、、、、、あれ、、彼じゃないのかい?」





「え?、、、、、うん、、、、、」





入り口で人を探すように
落ち着かないファランがいた。彼はこちらに気づくと、彼女がいることに少し驚いて、俺に頭を下げた。






俺から少しはなられたところで、彼女が彼に近づき、俺に気を使ったのか、まるで他人行儀に二言三言声をかけ、そのあと、少し俺に悲しそうな目をやって、店を出て行った。











「初めまして、maomaoさんですか?○○といいます。」







今時のファッションをした好青年が握手を求めてきた。
黒のキャスケットに黒の高級感のある綿のポロシャツ、清潔感のあるデニムにイタリアンカジュアルなシューズを合わせている。






「時間を作ってくれてありがとう。」







「ああ、君が今の彼氏かい? 俺はいつまでの彼氏だったんだ?」









「いや、、その、本当に僕たちはつい最近から付き合い始めたんだ。初めて行ったナイトクラブで彼女が働いている姿を見て、一目ぼれというか、、」






「で、君は、こんな、遠いバンコクまで来て何をしているんだ?」



彼が俺に話が合ったのにもかかわらず、なぜか、一方的に俺が質問を続ける。




「僕はここで働いている。もともと大学でフランス語の講師をしていた。今は日本の漫画の英語表記をフランス語に翻訳するのが仕事だ。君が日本人と聞いてちょっと親近感があったよ。僕は熱狂的なjapanese cultureの信者だからね。“AKIBA”は一度、訪れてみたい場所。」




「??、、、、、あ、そう、、。フランスか、、どこの出身?」

「ニース。」













ニース、、、、、ふと想いがよぎる。




憧れの街ニース。






3年前の1月に仕事の肯定で2日だけ自由な時間をもらい、訪れた。


大好きな マルクシャガールが晩年過ごした南仏、

シミエの丘のオリーブの木とハーブに囲まれた、まさに、葉、枝のあいだから日が刺す森の中に立つようなシャガール国立美術館。

風の香りがニースの海辺のそれとはまた違う爽やかさだ。



もともとロシア出身のユダヤ人であるシャガール。

ロシア名 マルク・ザハロヴィチ・シャガル 
生涯妻だけを一途に愛す『愛の芸術家』の名で親しまれる。


海辺のホテルMERIDIENで2泊を過ごした。すばらしいコートダジュールの夜景。
人生でもう一度いけるなら、地中海沿岸をコスタデルソルからトルコのイスタンブール方面まで、長い時間かけてゆっくりと旅をしてみたい。




「君はまだ彼女のことが好きなのかい?
彼女もきっとそうかもしれない。
君が彼女に電話をすることは僕は止められないし、彼女が君に電話することもそうだ。
きっと僕だって同じことをする。

でも、僕は彼女のことを愛してる。


彼女は今、君と会って揺れているんだろう。
でも、僕はここに残りこの先ずっとバンコクで働いて彼女のそばにいてやるつもり。
まだ、結婚とかは早いかもしれないけど、いづれ、そういう日が来るかもしれない。



それぐらい、まじめに考えている。

君はバンコクにいるファランが嫌いだそうだね?
彼女から聞いた。

僕もそうだ、、、、。

僕が言うと変に聞こえるかもしれないが、あの連中とは付き合わない。
なので、住むエリアも職場からこんなに遠いところに住んでいる。」















ふと、現実に押し戻される。。

バーの中も、客が少しづつ増えている。もっぱらタイ人ばかり。

しかし、皆が静かに飲んでいる。
タイではあまり見慣れない光景だ。

隣のカップルは静かに、笑顔で楽しそうに話している。特に彼のほうがぞっこんのようである。













「彼女は本当に寂しがり屋だ。
気を張ってるところはあるが、崩れるともろい。そんな面がある。


君はいったんニースに帰るといったね。
必ず帰ってくることを約束してくれ。

そして、いつもそばにいて、彼女を悲しませないでほしい。」









俺と一回り以上も違う、似た文化を持つ西の国の青年は、出身地である、かつて自分が経験した爽やかな風を感じさせるように両手で握手を2たび求めてきた。










自分の彼女への思いは半分、いや、10分の1も言えなかった。
いや、むしろ言う必要もなかっただろう。
彼にはわかっていたはずだ。











「38歳の中年親父、、よくやれたほうじゃないか、、、、。」





タクシーの中で、ふぅっと大きくため息をついた。


今までの俺は、別れ際といったらほめたれたもんじゃない。
いつのまにか連絡しないことでの女の子からの罵声、号泣、ストーカーなどなど、

結局そんなレベル。






彼女に、しかも20歳のタイ人の女の子に、少しだけ成長させてもらったような気がした。








帰国日 朝2時、

俺はラプラオのホテルで熱にうなされていた、、。
タバコのすいすぎで、のどを痛め、悪いウィルスにやられたようである。




そんな時、彼女から電話が、

「今日、日本に帰るんでしょ? 今から私のアパートに来れない?」

「ああ、今熱が出ちゃって、、」

「え?どうしたの?風邪?」

「いや、大丈夫、そういえば、君にもらっていたアパートの鍵を返していなかった。それを返しにいくよ。
帰り際にアパートの管理人に渡そうとも思ったけど、まぁ、君に直接返した方が安全だね。」

「うん、、。」










3時にすべてをかばんに詰め込みホテルを後にした。




このアパートも来るのが最後になったな、、、と思いに耽ながら、エレベーターをあがり、彼女の部屋の前までノックする。






しばらくしてドアが開く。







部屋が模様替えをしてあり、まったく以前と様変わりしている。

大きな熱帯魚の水槽に、タイシルク独特の柄のソファカバー。
すべて彼の趣味だろう。









鍵だけ返そうとおもったが、
薬を上げるからはやく部屋に入って。と促された。





一緒に持ってきた、Carfurで買った造花の鉢植えプルメリアと、薄い緑色の封筒に入った手紙を渡した。





「色々と有難う。この1年間本当に楽しかった。君にはさびしい思いをさせたと思う。

俺に罪悪感を感じているならそれは違う。悪いの俺のほうなんだから。

どうか、自分を責めないでほしい。

これは君に宛てた手紙。
いつも手書きの手紙がほしいといってた君にずっと書いてあげられなく申し訳なかった。最後に君に渡します。

俺がいない時に読んでほしい。」







すると、彼女は、おもむろに、俺が渡した封筒をその場で開いた。












“俺はいつも笑顔いっぱいの君が好きだった。
今でもそんな君が好きだ。

彼といる君はきっと笑顔に満ち溢れていることだろう。
そんな君の姿にきっと強い嫉妬を憶えるかもしれない。

もう君には会えない。

だけど、今までと同じように体の弱い君のことをいつも心配している。

この花はいつもそばで君を笑顔で見守る。“








読み終わった後、彼女は手紙を見つめ、少しの時間が流れた、


そして、彼女は抱きついて泣きながら声にならない声でキスを求めてきた。







昨年3月、かれこれ10回目となる、彼女と初めてデートしたレストラン『ナトーン』に行ったとき、、オープンエアで大きく造った人工池の中心にバンドが演奏している。




『ねぇねぇ、今のバンドが演奏しているこの曲、俺凄い好きなんだけど、なんて曲?』


『ความคิด、、、』



『え?わかんないよ。もっとゆっくり、、』




『Kwaam kit』



『へぇ、○○の携帯の音楽だよね。何度も電話するたびに聞いたよ。どんな意味があるのかな。』


『私はあまり好きじゃない。これだって、携帯会社が勝手に決められた音楽だから、、意味、、、別れたカップルの曲、、、、。』





『ふうん、、、いい曲で俺は好きだけど、、、。』







『私、悲しい曲は嫌い、、、。』






歌詞がこんなに素晴らしいとは思わなかった。(見たことないけど、映像が綺麗な『A Moment in June』の挿入歌?)
hiroさんのブログ『ぽむ・ゆーてぃー・にー』 参照





彼女なりに別れを予感していたかもしれない。







今日も、彼女から、俺からの返信がほとんど期待できない、ショートメッセージが入る






Where are you,,,,,?
I just wanna know what you are doing now,,
If you see my message please send message,,,,,,.,,please,,,,,,,

Take care ,,,I always think of you,,







付き合い始めたのは、偶然にも、同時に思いが重なって、、
そして別れる時もきっと、同時に思いを離すのがいいだろう。







彼女の中の俺の存在がなくなるまで、俺は、彼女への思いを消費することになる。











































そして、次回こそはいよいよ

爆笑!『パタヤ戦線異常なし!』をお送りしたいと思いますyo












『どけちなmaomaoの推薦ホテル紹介ページ』リニューいたしました!!

いよいよ、ゴールデンウィークでございますね~
maomaoも今年の4月末くらいから行こうと考えておりますが、タイでお宿を探されている方!maomao推薦ホテルですよ。よかったらご参考になさってください

↓この画像をクリック!
ホテルページ



おもしろかったらクリックして応援お願いしますね!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


キングオブタイナイト







←掲示板書き込み;

←▼バンコク遊び体験談募集▼

左下;“たいなび”バナー設置しました

左下;写真アルバムツール設置しました。クリックするとそのページへジャンプします。



このサイトで特に人気のあるページは↓
第一位『ラプラオ・ラムカムヘン遊び(今注目のメンズスパなど)』
http://maomao30.blog78.fc2.com/blog-entry-12.html



今度の夏休み、、
一人でバンコクに降り立ってしまった方必見!

ケチで不細工なアラフォーmaomaoのぱっつんと出会い、遊ぶ旅行行程の提案→

行く準備http://maomao30.blog78.fc2.com/blog-entry-20.html

初日http://maomao30.blog78.fc2.com/blog-entry-22.html

2日目http://maomao30.blog78.fc2.com/blog-entry-23.html

3日目前半http://maomao30.blog78.fc2.com/blog-entry-24.html

3日目後半http://maomao30.blog78.fc2.com/blog-entry-25.html

4日目前半http://maomao30.blog78.fc2.com/blog-entry-27.html

4日目後半http://maomao30.blog78.fc2.com/blog-entry-28.html

5日目前半http://maomao30.blog78.fc2.com/blog-entry-29.html

5日目後半、帰国http://maomao30.blog78.fc2.com/blog-entry-30.html

旅のしおりhttp://maomao30.blog78.fc2.com/blog-entry-32.html



Gダイ3月号(バックナンバー)→ついに見つけました!『メンズスパ特集』写真つき!
詳しくはここをぽちっと→『ラプラオ・ラムカムヘンでぱっつんと遊んでみよう!』

ハンディバイブ→肩こり、、その他にどうぞ。電池式なので海外でも安心。僕も持ってます!!シオ吹いた後の感度はんぱないっすよね~爆!

デジカメ→スーパースローが撮れます。music videoのようなかっこいい動画が撮れますよ!持っていていい1台

マイクロ動画カメラ→タイでは撮りたい動画がたくさんありますよね~。僕も持ってます!GOGOでどうぞ!www














↓coyote、ぱっつん情報はこのブログから!!↓

キングオブタイナイト


面白かったら↓クリックお願いしま~す。


↓タイ人素人写真毎回UP目指します!今後も応援していただける方!ぽちっとご協力ください!↓

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへタイ・ブログランキング
↓安いです!!次回のタイ旅行には是非!



『e-go club』です。場所の詳細はここをぽちっと→http://maomao30.blog78.fc2.com/blog-entry-27.html

雰囲気『加藤夏希』に似てないっすか?正直タイプです。
最後まで見て下さい!!おっぱい大きくて肌白、足長、、連れ出したいっす!!まだ、いるかな? 腰の動きはんぱないっす!!

激しく同意!!また、上のような動画をお探しなら
ぽちっと!↓

関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry★★『パタヤ戦線異状なし!!』タイズッコケ旅行記後半 すんげぇやらしい写真つき★★

Older Entry★★★『ずっこけタイ旅行記』sherbetでhappy new yearだよん!本編 やらしい文章つき★★★

Comments

えっ、maomaoさん?
今日のエントリー、maomaoさん?
涙は明日の映画までとっておこうと思ったのに、今この瞬間に溢れ出してきちゃいました...。
胸が痛いっす。
maoさん・・・・・・・・・
帰国前夜から調子悪かったんでしょ?無理してソイカまで来なくても良かったのに。
何で正直に言ってくれなかったのさ・・・。
感涙のブログですた。
ラムヤイさんのブログから飛んできました。思わず落涙しそうになったボキ。うーん、なんか状況描写もわかるなぁ。すんばらしすぃ、恋愛経験に敬意を表します。一気に愛読者になっちゃいますた。
このメロディー切なすぎです
距離と言葉と文化って想像以上に埋めがたいですよね
maomaoさんの違った側面見れちゃいました♡
ただスケベなだけじゃないんですね(すんません)
ご無沙汰しております。
復活していたんですね!
やっぱりmaomaoさんのブログは最高ですよ。
って、朝から涙がこぼれました・・・
はじめまして。ラムヤイさんのとこから飛んできました。
最後の手紙、良いですけど余計に彼女泣かせた気が・・・。
曲凄く良いです。タイポップス良い曲たくさんありますね。
ありがとうございました。
こんばんは
現地のネカフェでうるうるしてしまいました。どんな形にせよ、別れはつらいですよね。。(T_T)
いくつになっても、色恋ざたは難しいっすが、mao*2さんの次なるbigな出会い、期待しています:)
お久しぶりです
maomaoさん、
いつの間にか復活していたのでビックリしました。
(ボクもかなり長い間ブログ放置していますが、、、)
いや~切ないですね。 彼女との話、、、
ボクも人ごとじゃないです。
フェーン@チェンマイへの電話の間隔がどんどん長くなっていき、最近では電話をしてもあまり嬉しそうじゃない、、、
次回行くときに何らかの展開があると思います。
切なくなった
はじめまして。
最初からここまで読んでて思わず涙しちゃいました。
昔付き合っていた海外の子との別れを思い出しました。いくら好きでも寂しさは電話や手紙だけでは埋められない時もありますよね。
っつことで続きを読ませていただきますね。



« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
 <PR>  
リンク
検索フォーム
全記事表示リンク
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
プロフィール

真央アサーダ

Author:真央アサーダ
面白かったら感想をコメント欄やメールをください!
待ってます。

seeuwheniseeu40あっとgmail.com

”あっと”の箇所は@でお願いしやす。


今まで行ったことのある国や街

●日本全都道府県

●海外

●アメリカ合衆国  ロサンゼルス、サンディエゴ、デトロイト、シカゴ、グアム、ホノルル
●カナダ      バンクーバー、オタワ、トロント
●メキシコ     ティファナ
●中国       上海、北京、香港
●台湾       台北、台中
●韓国       ソウル、テジュン
●シンガポール
●フィリピン    マニラ、セブ
●カンボジア    シュムリアップ
●タイ       バンコク、チェンマイ、アユタヤ、プーケット、ピピ、サム           イ、カンチャナブリー
●オーストラリア  ケアンズ、ゴールドコースト、メルボルン、シドニー、パース
●ニュージーランド オークランド
●イギリス     ロンドン、ブライトン
●フランス     パリ、ニース
●ドイツ      フランクフルト
●スイス      ジュネーヴ
●オーストリア   ウィーン
●スペイン     バルセロナ、マドリッド、マルベーヤ
●モナコ      
●マルタ      バレッタ
●イタリア     ミラノ、ローマ
●ギリシャ     アテネ、ロードス、パロス島、スキロス島、イタキ島
●チェコ      プラハ

twitter
フォローしてください☆
フリーエリア
 
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。